に投稿

【ブランド】ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション – 25周年のこれまでとこれから

ディースクエアード(DSQUARED2)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、2020年1月10日(金)イタリアミラノでウィメンズ合同で発表された

ディースクエアード25周年アニバーサリーショー

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真5

ミラノメンズコレクションのオープニングを飾ったのは、2020年に25周年を迎えるディースクエアード四半世紀という節目を迎える彼らは、これまでのランウェイショーをはじめ、セレブリティの衣装、ルックブックの撮影など、1995年からの歩みをムービーに落とし込み、ビッグスクリーンに投影

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真50

ムービーシアターさながらの演出は、多様性を追い求めてきたクリエーションはもちろん、ハリウッド映画のようなド迫力のショー演出へのこだわりなども知ることができ、彼らが人々に驚きと感動を届けようとディースクエアードを育んできたことが伝わってきた

25年もの軌跡を魅せたあとには、最新コレクションを男女ともに揃え、次の新しいステージへと観客を誘う

MIXテイストを日常着に落とし込むと…

メンズウェアに関しては、デイリーで活躍するカジュアルを大元としながらも、ワーク、フォークフロア、ストリートなどさまざまなテイストを融合させて多面性を持たせていた

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真13

ワークベストやフォークフロア調コートを重ねたり…と、デニムパンツやチェックシャツといったメンズカジュアルの王道に加え、現代男性の定番服のダウンジャケット、フーディなどを自由な発想のスタイリングでアレンジ

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真36

レザー仕立てのフィッシャーマンズ風ベストやニットベストなどをレイヤードして、デニムパンツとチェックシャツの黄金コンビを新しい3ピーススーツのように見立てたり、ダウンジャケットの上からファーベストを重ねて重量感のある着こなしを楽しんだりしている

ボリュームアウターで個性派に

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真4

ボリュームコントラストを効かせた着こなしも遊び心を強調させる特に、ボリューミーアウターとタイトパンツの組み合わせは定番で、まるでユニフォームのようにたびたび登場するスリムなパンツも、ムートンコートやチェック柄のウールコートなど、個性豊かなアウターに切り替えて、印象を変えている

異素材ドッキングでユニークピースへ

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真40

洋服そのものも、異素材ミックスで一つのピースから多様な個性を引き出す無骨に見えるレザーベストも振り返ると、バックスタイルは温もりを感じさせるニットになっていたり、デニムジャケットにワークウェアさながらの多数のポケットが縫い付けていたり

ディースクエアード 2020-21年秋冬メンズコレクション - 25周年のこれまでとこれから|写真27

また、印象的だったのは“ずり落ちた”ようなボトムスももの中間地点までベルトが落ちた“危なっかしい”ボトムスは、実はトロンプルイユでギミックに富んでいる

に投稿

【ブランド】シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア

シュガーヒル(SUGARHILL) 2022-23年秋冬コレクションが、2022年3月19日(土)渋谷ヒカリエ Aホールにて発表されたテーマは、”ENTER THE MIRROR”

サークル型のランウェイを舞台に

シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア|写真1

会場の中心に設置された大きなミラーボールその幻想的な輝きに包まれたランウェイは、生演奏を奏でるバンドマンたちを取り囲むようなサークル型へと演出され、鳴り響くギターの重低音を合図にショーがスタートを告げた

ファーストルックに登場したブラックデニムを筆頭に、今季もミリタリーやワークのテイストを基調にしながら、無骨さを中和したワードローブが現れる散見されたデニムの2ピースは、パリっとしたハリ感と上品な光沢が印象的またジャケットはウエスト位置でカットしたジャストサイズで提案することで、本来のラフさを緩和した清潔感溢れるルックへと導いている

ドレッシーなアクセサリー使い

シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア|写真16

本来カジュアルな印象のオーバーオールには、シルクのように艶めくスカーフをスタイリングまた足元には光沢感のあるシャープなレースアップシューズを差し込むなど、アクセサリー使いでドレッシーな要素をさり気なくプラスしているのも面白い

フリンジのようなディテール

シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア|写真38

コレクションにリズムをもたらしていたのは、フリンジのように波打つディーテルだライナーを裏返しにしたような、オーバーサイズのムートンジャケットや、黒のライダースジャケットといったアウターの裾、ウィメンズモデルが纏ったシャツのボタンなどから、長いストラップが縦横無尽に飛び出し、モデルの闊歩に合わせて小刻みに揺れ動く

シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア|写真14

また伝統的な格子柄のロングジャケットは、ダメージ加工と連動するように、その裾をフリンジのように解体ロング丈のダッフルコートのトグル部分にも、今季のムードを踏襲した長いコードが加えられている

テーラードスタイルも

シュガーヒル 2022-23年秋冬コレクション、進化し続けるワークウェア|写真23

こうしたミリタリーやワークを軸にしたランウェイで、唯一登場したテーラリングの3ピースは、ひと際その端正な表情が強調されていたようにも感じられたカチッとしたショルダーラインと、ピークドラペルを持つジャケットは、ラフに羽織ることで気取らないスタイルにまたフルレングスのトラウザーは、ややリラクシングなシルエットながらも、センタープレスを配したことで、大人の気品さを醸しだしている

に投稿

【バレンシアガ 】入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS

バレンシアガ

【バレンシアガ 】入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS

BALENCIAGA スーパーコピー限定新作2023年人気特価n級品取り備えるバレンシアガ コピーTシャツ春夏、秋冬トレンドアイテム優良販売店バレンシアガ 激安バレンシアガ偽物信頼保証、通関対策、丁寧な対応、お客様NO.1最安ブランド品お買い物最高店舗

入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS
【カラー(品番)】
Baby Blue
【サイズ】
 iPhone X/XS,iPhone11,iPhone11MAX,iPhone11pro MAX
入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS推奨商品住所:https://www.replicajp.com/p-25782.html

【バレンシアガ 】入手困難!【バレンシアガ】バレンシアガ iphone ケース コピー高級レザー iPhone11 X/XS

アンユーズド(UNUSED)の2016年秋冬コレクションが発表された

カラーパレットは、モノトーンやグレーなどニュートラルカラーをベースに、鮮やかなレッドやマスタードイエローをアクセントに取り入れている

 

デニムは今季もバリエーション豊かに展開先シーズンも人気の高かったリメイクものや、アイスウォッシュカラー、さらに濃いめのインディゴはセンタータック入りと、様々な型が登場する

秋冬らしいアウターは、温かみのあるラップコートやチェスターコート、ムートンジャケット、ファーコートのほかに、MA-1やライダースなどがラインナップいずれも、手が隠れてしまうほどのオーバーなサイズ感が特徴だ

そんなアウターの着こなしはレイヤードスタイルで下に重ねたアイテムもビッグシルエットのものばかりだ、ライダースの下にはトップスとカーディガン、ファーコートの下には丈長の薄手ニットにシャツ、といった3層重ねの着こなしが目立ったさらには、ミリタリージャケットの下にチェスターコートを忍ばせる、アウター×アウターのコーディネートも提案しているバレンシアガ 半袖 コピー

 

また今シーズンは、日本のニットブランドTAN(タン)とのコラボレーションアイテムも登場ニットのビスチェやポンチョなどは、いずれも全て手編みで作られている

なお、アイテムはすべて00から4まで幅広いサイズ展開のため、ユニセックスで着用が可能だ