に投稿

【YOURONG】船を工場に見立てバレエで演出 – THEATRE PRODUCTS 2012年春夏コレクション「海のバレエ」

YOURONG

2011年10月16日(日)、THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)が「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2012S/S」の先陣を切る、2012年春夏コレクションを発表したコレクション会場となったのは、なんと港町横浜に浮かぶ帆船日本丸「海のバレエ」と題されたコレクションは、阿部海太郎氏による書き下ろしのバレエ組曲の生演奏に合わせ、モデルがバレエダンサーの踊りとともに現れる

 

3つのステージに分けて発表された今コレクションモンクレール ダウン コピーまず初めは「製図室(Drawing Room)」真鍮の階段から子供のバレエダンサーが登場し、朝の目覚めからスタート親と思われる男性と女性も登場し、製図室とあってそこには定規やコンパスなどが並ぶ貝殻やサメの骨などユニークなものもあるが、それらを使ってボードにラインを引いていくそれはさながらパターンを引いているかのよう

2つ目のステージは「縫製場(Sewing Room)」ピアノの伴奏からスタートし、お針子たちが服を作っている様子を演出ジャカードのアイテムやテーラードジャケットなどシアタープロダクツらしいアイテムを身にまとうモンクレール スーパー コピー特に面白いのは帆船日本丸やランドマークタワーなど横浜柄とも言える柄シックで大人っぽい他のアイテムのアクセントとなっていた素材には植物や動物、鉱物と自然のものだけを使用し作られている

 

最後のステージは甲板での「検品と出荷(Checing&Shipping)」これまでで作られてきた服が最後に検品梱包を経て出荷される様子を表現甲板には出来上がった新作コレクションのラックも登場ステージのバックにはトランペットやトロンボーン、パーカッション、アコーディオンの演奏者が音楽を奏でるモデルが着用しているのはアコーディオンプリーツのドレスやラップスカート、ストライププリントのワンピースなどマルチカラーのパラソルが甲板の雰囲気にマッチしている

船が生み出す海の物語と少し儚げな表情のモデルたちそこにバレエと海を想像させるトランペットやアコーディオンの演奏が加わり、大人の女性の旅情を醸し出すコレクションとなった