に投稿

【カルティエ】mame 2015-16年秋冬コレクション – 零れそうなほど、たくさんの星が降る夜に

カルティエ

mame(マメ)が、2015-16年秋冬コレクションを発表した今季も、デザイナー黒河内真衣子と共に旅をした、宮本輝の小説をもとに、物語はスタートする

舞台は、雪が降りしきる冬の東北一面に広がる銀世界を隔てるように広がる夜空には、星々がキラキラと輝いていた

そんな満点の星空を描くのは、古くから伝わる「刺し子」から着想を得たステッチ寒冷地にも関わらず、麻ばかり育つ東北地方では、生地を重ね合わせ、温かな生地へと作り変えていたそのテクニックを活かし、太さの異なる糸で、独特な凸凹感と手刺繍のような風合いを表現するベースとなったラメ入りの布地が光り、この空が宇宙へつながっていることを思い起こさせてくれる

昔の女性たちは美しさを求め「刺し子」を用いて模様を描き、「こぎん刺し」を生み出した格子状や渦を巻くように縫い、創り出した幾何学模様は、空気を含ませるように織り上げたジャカードで表現オリジナリティ溢れるポンチョ、へプラム風ジャケット、パンツなどが揃った裾はフリンジ状に仕上げることで、美しい糸の流れを感じさせる

古くなった布を裂いて織り上げる「裂き織り」からインスピレーションを得て、今季のキーを握るデニムアイテムを展開カルティエ 腕時計 コピーリボン状にカットした生地を縫い合わせた、柔らかな手触りのファブリックは、ワンピースの胸元を優しく包み込むまたスカート部分には、加工で濃淡の違いを表現し、ポケットのようなカラーブロックをあしらったカルティエ 時計 偽物

今シーズンは、直線を巧みに採り入れた、シャープな魅力もポイントテープリボンのような細長い生地を、縦や横のラインを意識してパッチワークしたりパンツのウエストから裾にかけて、ライン状に革ひものアクセントをプラスしたりまた、鳥の刺繍入りのスウェットトップスやMA-1、レザーとキルティングを合わせたコート、鮮やかなオレンジのダウンジャケットなど、スポーティーなアイテムを加えたのも印象に残った

今季は古から伝わる技術を、現代に添うようにアレンジし取り入れた、繊細なアイテムが勢揃い女性らしい丸みや愛らしいデザインに、男性的なエッセンスを注ぐことで、ブランドの魅力がぐんと広がったシーズンだった